ダイビングに必要な免許とその種類

ダイビングに必要な免許とその種類

ダイビングに必要な免許とその種類 ダイビングをするためにはCカードと呼ばれるダイビングに必要な知識とスキルを身に着けるための講習を修了したことを示す認定証を取得しなければなりません。免許証ではありませんが、実際に潜水道具を借りる際にはCカードがないとダイビングをさせてもらえませんのでCカードは必要な免許といえます。
ダイビングは、機材を使ったスポーツです。機材の知識を習得し、機材を適切に使えるかどうかが非常に重要です。
必要な免許の種類としては、水深12メートルまでインストラクターの引率のもと潜ることができるライセンス、水深18メートルまでバーディシステムで潜ることができるライセンス、水深30メートルまで潜ることができるアドバンスオープンウォーターライセンスがあります。それぞれの違いは水深の深さではなくて、必要になる技術と知識を習得しているかどうかで決まります。
一般にCカード取得とされ潜ることができるのは、オープンウォーターダイバー以上の講習を受けていることが必要になります。スクーバダイバーは、ライセンスの資格ではありますが、インストラクターの引率などが必要で水中世界にデビューするために必要な免許と理解してください。

ダイビングに必要な機材一式

ダイビングに必要な機材一式 ダイビングをする際には必要な機材がたくさんあります。マスクやシュノーケル、フィンなどはダイビング以外でも使うことが出来る基本的な機材です。これらの機材のほかにレギュレーターやBCDといった機材が必要になります。これらの機材は重機材といわれています。
これらの機材は必ず必要になる物であり、用意しなければなりません。また、必ず必要になるわけではありませんが、水中カメラなどを用意しておくとより楽しめるようになります。
ダイビング機材はダイバーの命を守る物であり、必ず必要になります。しかし、すべてを揃えようとすると多額の費用がかかってしまいます。なので、金銭面で必要な機材が揃えられない場合にはレンタルという方法があります。
ダイビングスポットの周辺には必要機材の貸し出しを行っている場所があり、そのお店を利用することで、機材を買う必要がなくなります。趣味として初めて定期的に行う人は機材をレンタルするよりも自分で買った方が最終的には安くなります。